マメルリハ・インコの爪切りの方法とコツ

マメルリハインコの画像 マメルリハインコの画像


マメルリハ・インコの爪切りの方法とコツ

マメルリハインコの画像●野生のインコの爪は、ことさら爪切りをしなくても毎日の暮らしのなかで自然に削れていきますが、マメルリハインコをはじめとしたペットのインコの爪はそうはいきません。

 伸びすぎたインコの爪を放置しているとインコの怪我や飼い主さんの怪我の原因にもなりますので、飼い主さんの手で爪切りをしてあげましょう。

 このページでは、マメルリハをはじめとしたインコの爪切りの方法とコツをご紹介しています。

(当サイトのすべてのページは本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。総合ページリンク一覧はこちらから。)

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。


マメルリハ・インコの爪切りの方法とコツ

インコの爪切りはなぜ必要?

野生のインコたちの爪は、自然環境の中で餌を探して木の枝や岩場などに停まったり飛び立ったりしているうちに自然に削れて、いつも程よい長さになっています。

 ところが、マメルリハインコをはじめとしたペットのインコは、野生のインコたちに比べて活動量が少ないことや、鳥かご(バードケージ)で多くの時間を過ごす関係上、自然に爪が削れる環境ではありません。

マメルリハインコの画像

 そうして伸びすぎた爪を放置していると、爪が鳥かご(バードケージ)の網に引っかかったり、放鳥の際に部屋の絨毯やカーテンに爪を引っ掛けて爪が折れたり、場合によっては足を骨折したりすることもあります。

 さらには、飼い主さんがインコの世話をするときに爪に引っ掛けて怪我をする心配もあります。

 こうした心配をなくすことが、本来自然環境では必要のない爪切りの世話が、ペットのインコたちに必要な、いちばんの理由です。

 マメルリハインコは、体の大きさの割には活動的で動きの大きな鳥ですので、飼育環境によっては爪切りが必要でない場合もありますが、定期的に爪の状態をチェックして、伸びすぎているようであれば切ってあげましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


マメルリハインコの爪切りの準備と注意点

 インコの爪を蛍光灯などの光に透かしてみるとわかりますが、私たち人間と違って、インコの爪の中には神経や血管が通っています。インコの爪切りの際に、この神経や血管を切ってしまうとインコが痛がって暴れますし、インコにしてみればひどいことをされたと感じて、飼い主さんとの良好な信頼関係も壊れてしまいます。

 また、血管を切って出血した場合、止血が遅れると、たとえ少量の出血でも体の小さなインコにとっては命取りになることもあります。

 インコの爪切りをするときは、必ず爪を光に透かして神経や血管の位置を確かめて、爪の先端から少しずつ慎重に切って、くれぐれも切り過ぎないように注意しましょう。

 また、もしも深爪をして切りすぎた時のために、あらかじめ止血剤やガーゼなどを用意しておくと安心です。

 インコの爪切りの世話は、爪が伸びすぎている時には必要なことですが、インコにとっては体を拘束されて無理やり爪を切られる嫌な体験であることに変わりはありませんので、伸びてもいない爪を切ることは、飼い主さんとの良好な信頼関係を損なうこともありますので、くれぐれも注意が必要です。

 とくにマメルリハインコは小さな外見とは裏腹に気性が激しい一面もありますので、爪切りの際に噛まれたりしないように気をつけておきましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る

 本文後半へ続きます。


インコの爪の切り方と保定の方法

 インコの爪切りを安全に行うには、インコが暴れたりしないようにインコの体を手のひらにしっかり固定してむやみに動けないようにする必要があります。こうしたインコの体を固定することを「保定(ほてい)」と言います。

 インコの保定の方法を覚えておくと、インコに必要以上の負担を与えることなく薬を塗ったり、体の具合を確かめたりするときに役立ちますので覚えておきましょう。

 ただし、インコに必要以上の負担を与えないとはいえ、保定はインコにとって決して楽しいものではありません。

 むやみに保定を行うと、インコとの良好な信頼関係を損なうこともありますし、頭部以外の体に触れるとインコの発情を促してしまう可能性もありますので、保定は必要最小限にすること、できるだけ短時間のうちに済ませることを心がけましょう。

 インコの保定は、まず手のひらでインコの背中を包み込むように持ち、人差し指と中指でインコの頭部をそっと挟んでインコの頭がむやみに動かないように固定します。そしてそのまま、親指と薬指、小指でインコの胸からお腹のあたりを両側からそっと挟んで体を手のひらに固定します。

 インコは胸のあたりに呼吸器官があるので、くれぐれも強く持ったり、頭部や胸を強く圧迫しないように気をつけてください。とくに胸を強く圧迫すると、呼吸ができなくなってインコが死んでしまうことになりますので、くれぐれも注意が必要です。

 もしもどうしても保定がうまくできないときは、無理をせず獣医さんに爪切りをお願いすることも考えておきましょう。

 インコにとって保定は決して楽しいことではありませんので、保定ができたら、インコを少しでも安心させるために優しく声をかけながら、蛍光灯などの光にインコの爪を透かして神経や血管の位置を必ず確かめてから切ってあげてください。

 血管の位置が確認できたら、インコの爪の先端から少しずつ切り詰めて、深爪をしないようにすべての趾(あしゆび)のつめを切ります。

 インコにとって体の動きを奪われて爪を切られることは想像以上に怖い体験ですので、爪切りを終えたらすぐに鳥かご(バードケージ)に戻してあげてください。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る

 ●出典及び参考書籍

 「小動物ビギナーズガイド・インコ」(誠文堂新光社)/「インコ」(誠文堂新光社)/「かわいいインコの飼い方・楽しみ方」(成美堂出版)/「楽しく暮らせる かわいいインコの飼い方」(ナツメ社)/「遊んでしつけるインコの本」(誠文堂新光社)/「インコ: 住まい、食べ物、接し方、病気のことがすぐわかる!」(誠文堂新光社)ほか

マメルリハインコの画像 当サイト「初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方」では、初めてでも安心して飼い始められるマメルリハインコのやさしい飼い方、育て方をご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


マメルリハインコの飼育用品

● マメルリハインコの飼育用品の準備と初期費用● マメルリハ・インコの餌の種類と選び方
● マメルリハインコの飼育に適した鳥かご(バードケージ)の選び方● マメルリハインコのヒナ(雛)の飼育に必要な飼育用品
● マメルリハインコの入手先の選び方と注意点● マメルリハインコ・鳥かごの飼育用品の配置と注意点
● マメルリハインコの水入れの種類と選び方● マメルリハインコのエサ入れ・副食入れの種類と選び方
● マメルリハインコのとまり木の種類と選び方● マメルリハインコが喜ぶおもちゃの種類と選び方
● マメルリハインコのペットヒーターの種類と選び方● マメルリハインコに適したキャリーケースの種類と選び方
● マメルリハ・インコの餌の保存方法と注意点

初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方

● マメルリハインコに適した飼育環境と注意点● インコの鳥かご(バードケージ)の置き場所と注意点
● インコの室内放鳥の準備と対策・注意点● インコの餌の与え方・毎日の必要量と餌交換のタイミング
● マメルリハインコの主食・ペレット(総合栄養食)の与え方と注意点● マメルリハインコの主食・シード(種子混合餌)の与え方と注意点
● マメルリハインコの副食の種類・与え方と注意点● マメルリハインコの主食をシードからペレットに切り替える方法とコツ
● マメルリハインコの飼育に必要な毎日の世話と注意点● マメルリハインコの世話・定期的に行う世話とポイント
● マメルリハ・インコの爪切りの方法とコツ● マメルリハ・インコのヒナのさし餌の与え方と注意点
● マメルリハ・インコを手乗りに育てる方法とコツ● マメルリハ・インコの冬の防寒対策のコツとポイント

マメルリハインコの基礎知識

● マメルリハインコの価格と相場● マメルリハインコを飼うための心構えと6つの約束
● マメルリハインコの寿命と長生きさせるポイント● 元気で健康なマメルリハインコの選び方・見分け方
● インコの体のしくみと特徴● マメルリハインコと暮らす魅力はどこにある?


マメルリハインコの画像「初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方」のトップページへ

当サイトについて

プライバシー・ポリシー

Copyright(C)初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方 All rights reserved.