マメルリハインコの主食・シード(種子混合餌)の与え方と注意点

マメルリハインコの画像 マメルリハインコの画像


マメルリハインコの主食・シード(種子混合餌)の与え方と注意点

マメルリハインコの画像シード(種子混合餌)は、マメルリハをはじめとした野生のインコたちが主食としていた自然の餌に近いこともあり、たいていのインコが喜んで食べてくれますが、主食として与えるには、いくつか注意が必要です。

 このページでは、マメルリハインコの主食・シード(種子混合餌)の与え方と注意点をご紹介しています。

(当サイトのすべてのページは本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。総合ページリンク一覧はこちらから。)

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。


マメルリハインコの主食・シード(種子混合餌)の与え方と注意点

シード(種子混合餌)の種類とメリット・デメリット

 インコに与えるシード(種子混合餌)は、アワ、ヒエ、キビ、カナリーシードを主体とした植物の種子をブレンドした餌で、「皮付き混合シード」と「皮むき混合シード」とがあります。

皮付き混合シードのメリット・デメリット

 皮付き混合シードは、もともと野生のインコたちが主食として食べていた餌ですので、栄養価が高い、皮を嘴(くちばし)で剥いて食べるという行為そのものがインコのストレス解消に役立つといったメリットがあります。

 またペレットなどの人工的に作られた餌に比べて食いつきが良く、喜んで食べてくれることもメリットのひとつと言えます。

 ただし、皮付き混合シードは、インコがシードを食べた後に種子の皮(殻)が餌入れに残ってしまうため、注意しないと「まだ餌が残っている」と勘違いしやすいことや、皮がケージ内に飛び散って掃除に手間がかかるなどのデメリットもあります。

 また、ペレットに比べてビタミンやミネラルなどがやや不足しがちになるので、ボレー粉やカトルボーン、青菜などの副食で補っておく必要があることに注意が必要です。


皮むき混合シードのメリット・デメリット

 一方、皮むき混合シードは、あらかじめシード(種子)の皮が剥いてあるので、餌入れの中のシードの残量がひと目でわかる、ケージ内に皮が散乱する心配がないので掃除の手間が少なくて済むといったメリットがあります。

ただし皮むき混合シードは、皮付きのシードに比べて栄養価が低くビタミンやミネラルも充分ではないので、皮むきシードを主食として与える場合は必ずボレー粉やカトルボーン、青菜などの副食を与える必要があるので注意しましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


シードはインコの種類やライフステージに合ったものを選ぶ

 シード(種子混合餌)にはアワ(粟)、ヒエ(稗)、キビ(黍)、カナリーシードを中心とした種子がバランス良く配合されていますが、インコの種類やライフステージ(成長段階)によって配合の割合が違います。

 どの種子をどのくらいの割合でブレンドされているかは製品によっても違いますが、マメルリハインコの場合は同じ小型インコのセキセイインコ用などの配合が適しています。購入の際には、パッケージの説明によく目を通して、小型インコに適したシード(種子混合餌)を選んでおきましょう。

 ご参考までにシード(種子混合餌)に配合されている、それぞれの種子の特徴を簡単にご紹介しておきましょう。

 ・アワ(粟) … イネ科エノコログサ属の多年草で、五穀のひとつにも数えられる雑穀植物。種子が高タンパクで、ビタミンB1、カルシウムも含んでいます。種子の外見上の違いとして、白い粒の白アワ、赤い粒の赤アワがあります。

 ・ヒエ(稗) … イネ科ヒエ属の植物とその種子。アワ、キビに比べて脂質がやや多く、種子の外観上の違いで、白い粒の白ヒエと赤い粒の赤ヒエがあります。

 ・キビ(黍) … イネ科キビ属の植物とその種子。高タンパク、低カロリーで脂質が少ないことが特徴です。キビも外観上の違いで、粒の白い白キビと粒の赤い赤キビがあります。

 ・カナリーシード … イネ科クサヨシ属の植物でカナリークサヨシ(加那利草葦)とも呼ばれる植物の種子。小鳥の餌として与えられるシード(種子)の中ではもっともタンパク質と脂質を多く含んでいます。多くの鳥が好んで食べることでも知られています。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


シード(種子混合餌)と共に与える主な副食

 すでにご紹介したように、シード(種子混合餌)は、良質なタンパク質を含んでいるものの、ペレットに比べるビタミンやミネラル、カルシウムといったインコの健康に欠かせない栄養素が不足しがちなため、とくに皮むき混合餌を主食として与えるときは青菜やボレー粉、カトルボーンといった副食も一緒に与える必要があります。

 副食として与えるものは主にボレー粉、カトルボーン、塩土、青菜などの野菜、サプリメントなどの総合ビタミン剤などがあります。ご参考までに、副食として主に与えられているものをご紹介しておきましょう。

 ・ボレー粉 … カキ(牡蠣)の殻を焼いて細かく粉砕したもので、カルシウムやミネラルを豊富に含んでいます。

 ・カトルボーン … イカ(烏賊)の甲、あるいは烏賊骨(うぞっこつ)とも呼ばれるイカの骨で、カルシウムやビタミンが豊富に含まれています。インコがついばむことで嘴(くちばし)の手入れやストレス解消にも役立ちます。

 ・塩土 …  塩、赤土、ボレー粉を混ぜて作られたもので、インコの胃に蓄えられて食べたものをすりつぶしたり、ミネラルの補給にも効果的です。凝固剤の使われていない柔らかいものや固めたものなどがあります。

 ・野菜 … インコが好んで食べる小松菜、チンゲンサイ、豆苗、セロリなどのビタミンAを多く含む野菜がインコの副食として適しています。(※長ネギやニラ、キャベツやほうれん草、アボカドなどインコに与えてはいけないものもありますので注意が必要です)

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る

 本文後半へ続きます。


シード(種子混合餌)を与えるときの注意点

 シード(種子混合餌)を主食として与えるときは、エサ入れに残った食べ残しのシードの上から新しいシードを追い足してしまうとインコが気に入った種子ばかり食べてしまうことが多いので、すべての種子を偏りなく食べさせる工夫が必要です。

 皮むき混合餌のシードは、皮付き混合餌のシードに比べて、ビタミンやミネラルが不足しがちですので、必ず副食として青菜やボレー粉、カトルボーンなどを与えて栄養のバランスをとるようにしましょう。

 また、シードを交換する際に、インコがどのくらいの分量のシードを食べているかを必ず確認しましょう。

 とくに皮付き混合餌を与えている場合は、剥いた皮がエサ入れの中に残ってしまうため、食べた分量が把握しにくいので、エサ入れから皮を取り除いての確認が必要です。同時に副食を食べているかも確認しておきましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


シード(種子混合餌)には専用のエサ入れを用意

 シード(種子混合餌)を主食として与えるときは、シードだけでは補えないカルシウムやビタミン、ミネラルを補給するためにボレー粉やカトルボーン、青菜などの副食が必要になるとご紹介しましたが、その際、シードを入れる容器(餌入れ)と、副食を入れる容器は別々のものを用意しましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


一日の餌の必要量はインコの体重の10%以上

 インコに与える一日に必要な餌の分量は、一般的にインコの体重の10%以上が目安とされています。

マメルリハインコの画像

 マメルリハインコの体重は成鳥でおよそ30g〜35gですので、マメルリハインコに必要な一日分の餌の分量はおよそ3gから4gになります。

 ただし、実際には食べこぼしなどもありますので、それも考慮に入れて、エサ入れにはインコの体重の20%〜30%を目安にシードを入れておき、インコが食べたい時に食べたいだけ食べられるようにしておきましょう。

 ちなみに、「餌を多く用意すると食べ過ぎて肥満になるのでは…」と心配する飼い主さんもいると思いますが、インコは空を飛ぶために体重を増やさないように、脂肪を必要以上に蓄えるということをしない動物で、基本的に一日の活動に必要なエネルギーをその日その日に摂取しています。

そのため、食い溜めができないインコは、食べたい時に餌がないと、それが元で体調を崩して死んでしまうこともあります。

 もしもインコの肥満が心配なとき、インコのダイエットが必要なときは、餌の量ではなく、餌の種類や栄養量、インコの運動量をコントロールするほうが安心です。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


シードの交換のタイミング

 さきほども触れましたが、インコは一日の活動に必要なエネルギーをその日その日に取り込んでいますので、一日でも餌のない状態にするとエネルギーが補給できずに体調を崩したり、死んでしまうことがあります。

 そのため、シード(種子混合餌)は必ず毎日1回、時間を決めてインコの体重の20%〜30%に当たる分量が常に用意されているように、餌を交換することを習慣にしてください。

 もしも食べ残しがある場合は、種子の皮を取り除いた後、そこに新しいシードを追い足して、餌入れの中のシードの総量がいつもインコの体重の20%〜30%程度になるようにしておきましょう。

 また、シードを交換、追い足しする際に、インコがどのくらいシードを食べているかを毎日把握しておきましょう。

 そしてもしも、食べている分量がインコの体重の10%に満たないようであれば、体調を崩している、病気を抱えているなどの可能性がありますので、それに応じた対策が必要です。

 また、エサ入れの中に古いシードがいつまでも残ったままにならないように、一週間に一度はエサ入れの中のシードをすべて新しいものに全交換しておきましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


インコを置いて家を留守にするときの注意点

 インコを飼い始めて月日が経つうちに、インコを置いて家を留守にしなければならないこともきっとあると思います。

 予定がはっきりした時点で、ひとりで留守番をさせるのか、誰か世話をしてくれる人に頼むのかなど、インコの世話をどうするのか準備しておきましょう。

仮に、インコにひとりで留守番をさせるしかないとしても、インコの健康状態に問題がなく、エサ入れをひっくり返したりといった問題行動がないのであれば、一泊程度の外出なら可能です。

 その際には、用心として充分な量のシードが入ったエサ入れをふたつ用意して、食べこぼしたりひっくり返したりしても大丈夫なように対策をしておくと安心です。

 また、留守中の温度管理も重要ですので、暑すぎたり寒すぎたりといった事のないように対策しておきましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


シード食からペレット食に切り替えるときの注意点

 このページでも少し触れていますが、インコの主食には、シード(種子混合餌)の他にペレット(人工の総合栄養食)があります。

 ペレットはインコに必要な栄養素をすべて含んだ完全な総合栄養食で、副食を与える手間が少なくて済むことから、シード食からペレット食に切り替えたいと考える飼い主さんも増えています。

 ところが、シード食からペレット食にスムーズに切り替えができれば問題ないのですが、シード食に慣れたインコの多くが ペレットの食感やにおいや味になかなか馴染んでくれない、食べてくれないということも少なくありません。

 インコは空を自在に飛ぶために必要以上に脂肪を蓄えないように本能的に調整しています。

 そのため、シードからペレットに切り替える際に、いきなりペレットだけにしてしまうとインコの食が進まず絶食状態になって、それに気づくのが遅れると、死んでしまうこともあります。

 シード食からペレット食に切り替えるのにはたいてい多くの時間がかかるものです。いきなり切り替えずに、少しずつ少しずつ根気よく慣らしていきましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る

 ●出典及び参考書籍

 「小動物ビギナーズガイド・インコ」(誠文堂新光社)/「インコ」(誠文堂新光社)/「かわいいインコの飼い方・楽しみ方」(成美堂出版)/「楽しく暮らせる かわいいインコの飼い方」(ナツメ社)/「遊んでしつけるインコの本」(誠文堂新光社)/「インコ: 住まい、食べ物、接し方、病気のことがすぐわかる!」(誠文堂新光社)ほか

マメルリハインコの画像 当サイト「初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方」では、初めてでも安心して飼い始められるマメルリハインコのやさしい飼い方、育て方をご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


マメルリハインコの飼育用品

● マメルリハインコの飼育用品の準備と初期費用● マメルリハ・インコの餌の種類と選び方
● マメルリハインコの飼育に適した鳥かご(バードケージ)の選び方● マメルリハインコのヒナ(雛)の飼育に必要な飼育用品
● マメルリハインコの入手先の選び方と注意点● マメルリハインコ・鳥かごの飼育用品の配置と注意点
● マメルリハインコの水入れの種類と選び方● マメルリハインコのエサ入れ・副食入れの種類と選び方
● マメルリハインコのとまり木の種類と選び方● マメルリハインコが喜ぶおもちゃの種類と選び方
● マメルリハインコのペットヒーターの種類と選び方● マメルリハインコに適したキャリーケースの種類と選び方
● マメルリハ・インコの餌の保存方法と注意点

初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方

● マメルリハインコに適した飼育環境と注意点● インコの鳥かご(バードケージ)の置き場所と注意点
● インコの室内放鳥の準備と対策・注意点● インコの餌の与え方・毎日の必要量と餌交換のタイミング
● マメルリハインコの主食・ペレット(総合栄養食)の与え方と注意点● マメルリハインコの主食・シード(種子混合餌)の与え方と注意点
● マメルリハインコの副食の種類・与え方と注意点● マメルリハインコの主食をシードからペレットに切り替える方法とコツ
● マメルリハインコの飼育に必要な毎日の世話と注意点● マメルリハインコの世話・定期的に行う世話とポイント
● マメルリハ・インコの爪切りの方法とコツ● マメルリハ・インコのヒナのさし餌の与え方と注意点
● マメルリハ・インコを手乗りに育てる方法とコツ● マメルリハ・インコの冬の防寒対策のコツとポイント

マメルリハインコの基礎知識

● マメルリハインコの価格と相場● マメルリハインコを飼うための心構えと6つの約束
● マメルリハインコの寿命と長生きさせるポイント● 元気で健康なマメルリハインコの選び方・見分け方
● インコの体のしくみと特徴● マメルリハインコと暮らす魅力はどこにある?


マメルリハインコの画像「初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方」のトップページへ

当サイトについて

プライバシー・ポリシー

Copyright(C)初めてのマメルリハインコの飼い方・育て方 All rights reserved.